紫外線対策について

紫外線から肌を守るには、UVカット成分が配合された化粧品がオススメです。

普段の紫外線対策には、このタイプの化粧品を使って、外出時には必ずUVカットの下地クリームやファンデーションで紫外線対策をします。
日当たりの良い室内でも、ガラスを通して紫外線が入ってくるので、夏場は特に日焼け止めめで予防しましょう。

海など、しっかり焼けそうな場所では日焼け止めを塗り、その上にUVケアの効果があるファンデーションを塗ります。
ファンデーションは3~4時間を目安に塗り替えると良いです。

また、UVカット効果がある化粧品には、日焼け防止の指数である「SPF」という文字が記載されています。
この指数が4~10なら日常生活、10~15が外出時、15以上がレジャーやスポーツなどの目安になるので、シーンに合わせて使い分けしましょう。

また、いくら気をつけても日焼けする事がありますよね。
日焼けし過ぎて肌が真っ赤になってしまう状態をサンバーンと言います。
サンバーンは、水や氷で冷やして炎症を抑えるのが大切ですが、炎症が治るまでは何もつけないようにします。
炎症が治れば、刺激の少ない化粧水と美容液で、肌に水分補給してあげると良いです。

  カードローンとクレジットカード