アルコールも薬物の一種

医者にかかり、薬を処方してもらうと、よくアルコールは控えてください。と言われることがありませんか?

風邪薬などを飲んでいる時にお酒を飲むと危険だからです。
薬も薬物の一種だからです。

薬をお酒で飲む人を時々見かけますが、自殺行為です。
実際、睡眠薬とお酒を一緒に飲んで、目が覚めず、そのまま死に至るケースもあります。
アルコールが薬にとって悪影響を及ぼす理由

アルコール解熱剤、鎮痛剤、睡眠薬、精神安定剤などといったものは、アルコールと相互作用を起こして薬効が強烈なものにしてしまいます。

薬を2倍もしくは3倍の量を飲んでいることになります。

薬効が強烈になる薬には

・解熱剤、鎮痛剤 ・狭心症治療薬
・睡眠薬
・精神安定剤
・血糖降下剤
・総合感冒薬 など

また悪酔いを起こす薬には

・血糖降下剤
・抗生物質
・抗がん剤 など

お酒を日頃飲んでいる人が病気で手術が必要となった時、麻酔の効きが悪かったという事例も聞いています。

生活習慣病などで、治療を行い、薬を飲んでいる人も治療しているから大丈夫と過信してお酒を毎晩飲んでいる様だったら、せっかく治療をしていても何の役にもたちません。

体調の悪い時にはアルコールは控えましょう。

 

生青汁 お酒