先天異常の発症リスク

1.葉酸で抑えましょう
赤ちゃんを授かったアト、なるだけ早く、葉酸を含んだ食材を積極的に食べた方が良いと思います。
葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があるでしょう。
とはいえ、毎日あまたの野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。

例えば納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをお勧めしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのがいいでしょう。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。
それでは、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠サプリ

2.妊娠初期は特に重要
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。
オナカの中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるというワケです。
葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もある沿うですから、その効果のほどが伺えますね。
ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。