二日酔いになったときの対処法

どうして二日酔いになるんでしょう?
二日酔いが起こる二つの原因

一つはアセトアルデヒドが原因なんです。
アルコールが体内にに入ると肝臓で分解されて、アセトアルデヒドという成分に変化します。アルコールを摂りすぎるとアセトアルデヒドが全身にまわって神経細胞に影響を与えて頭痛やだるさにおこすので、辛い二日酔いになってしまいます。
もう一つは逆流性食道炎です。お酒を飲むとアルコールの作用で胃と
食道の逆流を防ぐために締まっている部分が緩んでしまいます。そうすると、胃液が食道に流れて。吐き気や胸やけ、胃のむかむかなどの二日酔いの症状になってしまうのです。
では、二日酔いの症状をおさえるにはどうしたらいいのでしょうか?
アセトアルデヒドが二日酔いの頭痛や身体のだるさの原因と考えられていますので、体内のアセトアルデヒドを薄めるために水分補給が一番です。
吐き気がひどかったら、胃食道逆流症の薬を処方してもらって症状を緩和させましょう。
二日酔いの時の食事は脂っこいものや刺激のあるものは避けて、あっさりとした食事にしましょう。

こんなに辛い二日酔いにならないようにhttps://cheapjordanshoesoutlet.com/詳しく書いてありますので、予防をしましょう!