森林が荒廃している

日本の森林は荒廃をしているそうなのです。
森林が荒廃って森林は自然のものですから荒廃しようがないような気がします。

日本は国土面積の約7割が森林なのです。
意外と森林が多い国なのです。
逆に言うと、農地、宅地、商工業地に使えるのが約3割しかないということです。

森林といっても人工林と天然林があり日本は約5割が天然林で約4割が人工林です。
これらの森林は定期的に管理や運営をしてゆかないといけません。
人工林なら分かりますが、天然林もメンテナンスが必要なのですね。

森林を管理しないと、森林破壊、病害虫の発生、山火事などが起こるリスクが高まります。
森林が破壊されると、水害、がけ崩れ、地球温暖化などに影響を及ぼします。

よって、森林はきちんと管理をしてゆく必要があります。
しかし、管理をするということはお金が掛かりますし、人手も必要になってきます。

日本は国土の約7割が森林であるのに、国内で使用している木材の約8割を輸入に依存しています。
木材資源があるのに、木材を輸入しているのです。
もちろん、木材資源があるからといって国内需要を全て賄えるという訳ではありません。
しかも樹木は成長するまでに長い期間を要します。
そうはいっても輸入に依存しすぎているような感じがします。
コストから考えると国内産より輸入品のほうが安いという状況があるので、利用者からすれば安いほうがイイということになるかもしれません。

森林資源を有効活用してゆくことによって、森林の管理や運営もうまくいくのではないでしょうか。
技術革新が進んでいますので、なんらかの有効活用策が出てきて森林の管理や運営もうまくいく日が早く来て欲しいものですね。

庭木の伐採は大変