l-カルニチン不足

生活習慣や食生活の変化によって、現代人はl-カルニチンが不足気味だといわれています。

l-カルニチン不足は、人体にどのような影響が現れるものでしょうか。戦後期と比較すると、日本人の脂肪摂取量は3倍にも伸びているようです。しかし脂肪分の取りすぎに加えて運動不足や度を超した飲酒・喫煙などの不摂生を長期間続けると、脂肪の代謝能力は格段に下がります。その結果、高脂血症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病を誘発しやすい体質になってしまいます。2005年にメタボリックシンドロームが定義づけられ、生活習慣病の予防のためにメタボリックシンドローム改善が積極的に進められています。生活習慣病の元となるメタボリックシンドロームにならないためには、体内の代謝率を向上させて内臓脂肪を減らすことが重要です。代謝を上げて脂肪を効率よく燃やすためには、l-カルニチンによって脂肪を燃えやすくすることは重要な意味を持ちます。モテフィット 公式