βグルカン

注射によって、肝臓や脾臓にまでβグルカンは届きます。血管によって各臓器に行ったβグルカンは、

その後数ヶ月はそこにあります。βグルカンを分解できるような酵素は人体には存在していません。βグルカンはゆるやかに分解されるまで、ずっと効果を発揮し続けます。異物への抵抗や攻撃する免疫系統を担っている器官は肝臓や脾臓で、免疫系の物質はここに多くあります。脾臓や肝臓に分解されないまま残っているβグルカンは、より強い免疫力があると考えられています。体全体の免疫力をアップさせるものとしてβグルカンが期待されています。免疫力が上がるため、βグルカンは抗ガン作用も期待されています。マクロファージは異物に最初に応答するもので、免疫システムの一部をなしています。マクロファージは入ってきた異物を補食し、バラバラにしてその特徴をヘルパーT細胞に伝達し、そこから他の免疫系を活性化させます。このマクロファージの動きを盛んにする機能を持つものが、βグルカンです。viage ナイトブラ