家庭の主婦の人の冷え性を検証する

東洋医学では「冷えは万病の元」と言います。
女性の悩みで一位は肩こりで、二位は腰痛です。この二位の腰痛の主な原因は台所仕事のときの下肢の冷えです。

●台所仕事で女性が冷え症になる原因
★台所はガスや電熱を使います。すると温まった空気は換気扇で室外に出ていき、冷たい空気が足元に流れてきます。この冷たい空気が脹脛〈フクラハギ〉を冷やして脹脛の筋肉が硬くなります。脹脛の筋肉が硬くなると心臓への血液の還流が悪くなり、全身が「冷え」てきます。特に足(脚)は32℃くらいまで「冷え」ます。するとますます筋肉は冷えて硬くなり、「冷える」という悪循環を起こします。血液循環が悪くなると身体のすみずみまで酸素と栄養がゆきわたらなくなり、やがて生活習慣病を発症することになります。
●冷え症にならないための対策
★台所で仕事をするときは、下半身の服装を次のように工夫しましょう。
春は冬の衣装のまま、夏は秋の衣装を先取り、秋は冬の衣装にします。
冬は、天然素材のハイソックスにします。スリッパも防寒用のものを履きます
●脹脛の筋肉を解すケァの方法
★イラスト・「脹脛」を参照してください。
親指を脹脛の内側に当てて他の指は外側に当てます。つまんで、少し痛い位に揉み解してください。痛みがやわらいだら止めます。入浴の後にケァするとより効果があります。冷え性が段々と解消されてきます。
冷え性改善サプリメントはこちら