債務整理のデメリットとは

債務整理のデメリットは、過払い金返還請求した場合、二度とその消費者金融からお金を借りることができない可能性があるところです。任意整理しても、5年くらいはブラックリストに載ることになり、その間、新規の借り入れやカードの利用、ローンなどを組むことができなくなるので不便です。任意整理の場合、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではなく、利息制限法に基づいて、払い過ぎた利息分を借金と相殺して、借金を減額する方法になります。そのため、強制的に借金の免除が行われるわけではありません。強硬な貸金業者の場合、和解が成立しないデメリットもあります。自己破産すると、さらにデメリットは大きくなり、10年以内は信用情報がブラックリストに載ることになります。その間、新規の借り入れやクレジットカードが作れなくなるので、注意しないといけません。また、マイホーム等の価値のある財産については、処分される可能性があります。3ヶ月~半年間くらい、一部の職業につけなくなるデメリットもあり、事情によっては借金が免除されない場合もあります。一般の人が見る可能性は低いのですが、官報に掲載されます。

鹿児島市 不動産買取