乾燥肌になるとどんなデメリットがあるの?

冬場になると多くの人が悩む乾燥肌。

では乾燥肌になると具体的にどんなところに障害がでるのでしょうか?

ここでは乾燥肌によって起こるトラブルや症状について説明します。

乾燥肌とは別名「ドライスキン」とも言われており、皮脂の分泌量が低下したり、角質債細胞間皮質などの減少によって、角質の水分含有量が低下している状態を指します。

そもそも皮膚の水分は汗をかいたり蒸気として自然に失われたりするものであり、水分をずっと留めておくことはできないものなのです。

ただ、失われた水分については体の内側から供給されたり、大気にふれることによって自然と水分が再び蓄積されるようになっているのですが、乾燥肌の人というのは、こうした水分の供給が何らかの理由で追いつかなくなってしまったことが原因と考えられます。

そして、乾燥肌がひどくなると色々な肌トラブルや日常生活にも悪影響を起こしやすくなります。

例えば、シワや毛穴が目立つようになったり、かゆみをともなって肌荒れを起こすことも珍しくありません。

また女性の場合だと、化粧のノリが悪くなったりすることもあります。

もちろん、年齢によって肌の水分や脂分は失われていくため、年を重ねるほど乾燥肌になりやすくなってしまいますが、それでもしっかり予防すればこうした肌トラブルになることはなくなります。

こうした乾燥肌を改善するためには、日頃からのスキンケアを見直す必要があります。

特に乾燥肌がひどい人には「みんなの肌潤糖」がオススメ。

砂糖がもつ保湿効果をベースとした成分が配合されているので、大人はもちろん赤ちゃんにも使えます。

もしこれまで乾燥肌対策を失敗してきた人は、一度使ってみてはいかがでしょう。

みんなの肌潤糖