無添加成分によって適する基礎化粧品を選択する

無添加で、肌と相性のいい基礎化粧品を見つけ出すことが、スキンケアでは大事です。ナチュラル化粧品や、オーガニック化粧品が、消費者に好まれているようです。安全で体に優しい無添加基礎化粧品を選ぶ消費者が年々増加しています。

以前、名の知れた化粧品会社が、商品に難ありとして販売した商品を回収したトラブルがあります。このときの白斑事件被害者は多数になり、相談件数はその何倍にも上ることから潜在被害者数は何万人にもなるのではないかと言われています。

基礎化粧品に含まれるロドデノールという美白成分が元になり、一度白斑を引き起こすと完全治癒は難しいです。ハイドロキノンモノベンジルエーテルや、ハイドロキノンなど、美白成分としてよく知られている成分も、ロドテノール同様、白斑が起きることがあります。幸い、使用量を間違えなければ白斑ができる可能性は低いので、規制されずに美白成分として基礎化粧品に使われて続けています。

成分無添加を大々的に謳っている商品であっても、全てが無添加基礎化粧品というわけではないのです。無添加化粧品と書かれていても、指定された成分が入っていないことを意味するだけで、事実は曖昧なこともあります。
バストアップラボの効果がない?

添加物として有名である界面活性剤、殺菌剤、防腐剤、タール系色素等はもちろんないに越したことはありませんが、他にアレルギーを起こす可能性のある成分は個人差があります。

基礎化粧品は体のうちで最もデリケートな部位に使うものなので、無添加対象である成分を自身の目で確認した上で、購入する商品を選択するようにしましょう。