星のドラゴンクエストが人気の理由

星のドラゴンクエストが大人気である理由は何でしょうか。星のドラゴンクエストはRPGゲームとなっています。RPGは基本ストーリー展開していくゲームです。このストーリーが引き込まれる内容になっている点が大人気の理由として考えることができます。バトルのシーンがかなりの迫力がありリアルだという点も人気の理由です。マップが球形でスマホならではの斬新な点もプラスポイントです。 続きを読む “星のドラゴンクエストが人気の理由”

クロマティックソウルのおすすめポイント

クロマティックソウルのおすすめのポイントと言えば、やはりRPGゲームの醍醐味をしっかりと楽しむことが出来るゲームとなっているという点になります。スマホゲームとしてリリースされているRPGの中では、最も本格的ということができるのがこのクロマティックソウルではないでしょうか。 続きを読む “クロマティックソウルのおすすめポイント”

ネットで話題のスキンケア化粧品

ネットで話題のスキンケア化粧品に、じーのがあります。これはアミノ酸研究100年の歴史をもつ味の素が開発した化粧品で、今、ネットで話題になっています。味の素は、3000社以上の化粧品メーカーに対して、化粧品の原料であるアミノ酸を提供している実力のある会社です。コラーゲンも実はアミノ酸でできているので、アミノ酸の役割は非常に重要です。じーのがネットで話題になっているのは、紫のクリームだからです。フタバガキという花から抽出したグアイアズレンという名の成分の色が紫であることから、紫色のクリームになっています。肌荒れをふせぎ、しっかり保湿してくれる成分なので、保湿力は抜群のものがあります。じーのには、肌の水分量が約2倍になる22種類のアミノ酸パワーがあるので、驚異の保湿力を誇っています。その実力は本物で、つけた瞬間、肌に吸い込まれていくのが実感できます。クリームなのにベタつかず、しっとり、もっちもちになることから、人気を呼んでいいます。アミノ酸パワーを実感できる商品で、まさにアミノシューティカルクリームの名にふさわしい逸品になっています。

ダウントレンドとは

FXにおいて、ダウントレンドという言葉をよく耳にすると思います。ここではダウントレンドについて解説していきたいと思います。相場が上昇しているのか、もしくは下降しているのかをを示すものとしてトレンド(波)があります。このトレンドを見極めることが重要になります。見極める方法として有効なのが、トレンドラインを見るということです。トレンドラインとは、ローソク足の動きを見ながら、各々の山や谷の頂点を線で結んだものです。このトレンドラインが右肩上がりの場合は上昇基調、右肩下がりの場合は下降基調であるということを示しています。そして、上昇基調が一時的もしくは短期的に下落することを押し目といい、同様に下降基調の一時的下落を戻りといいます。FXのトレンドは、アップトレンド、ダウントレンド、保ち合い(レンジ相場)と大きく3種に分けられます。アップトレンドは、上昇トレンドとも呼ばれ、ダウントレンドは下降トレンドとも呼ばれます。アップトレンドは、安値と安値を結んだトレンドラインが右上がりになる場合を指し、ダウントレンドとは、高値と高値を結んだ線が右下がりになる場合です。アップトレンドでは、押し目を狙って買い指値注文を入れ、山だと思ったところで売り注文を入れます。反対に、ダウントレンドでは、戻りを狙って売り指値注文を入れます。谷だと思ったところで買い注文を入れます。

ソブリンリスクとは

日本は景気回復したのかどうかイマイチ分からないけれど、世界経済は回復しつつあると言われています。しかしそんな経済の回復を脅かすだろうと懸念されているのが「ソブリンリスク」です。ソブリンとは、「君主」という意味なのですが、政府・政府機関が発行している債券(国債など)の総称です。ソブリンリスクとは、政府または政府関係機関が発行する国債や政府保証債といった債券を買うことで国にお金を貸すことになるのですが、そのお金がそのまま返してもらえないのではないかというリスクを言います。国債は、国がお金を貸してもらう際の借金の借用書のようなものです。例えば、ギリシャの財政破綻危機が良い例です。ギリシャがお金を返す力がなく、債券もただの紙屑と化してしまうのではといった不安が世界中に広がっています。実は、ギリシャ以外にもポルトガルやスペイン、イタリアなども懸念されており、ソブリンリスクがさらに広がっています。その影響で投資信託などでも値下がりするものが出てきています。海外債券の場合は、国が安全でも為替変動の影響は必ず受けることになりますので、ソブリン債は安全ではなく、債券を発行する国が危機となればリスクはさらに増すということを頭に入れておきましょう。

ゼロサムとは

投資の種類の基準として、ヴァーチャル(現物投資もしくは仮想資産に投資する)、レバレッジ(現金で購入、お金を借りて購入する)などによって区分しますが、ゼロサムゲームをするか否かも大切な選択になります。ゼロサムとは、ある資産の取引において、その取引の関係者全ての人の損益を通算すると合計がゼロになるという意味です。つまり、負けた人の損失は勝った人の収益となるということです。投資家は勝者と敗者にわかれるのです。為替取引でゼロサムを例えると、ドル円相場が1ドル80円となったとします。そうなる前にAさんは1ドル75円の時に円安になるだろうと予測してドルを買っておきました。1ドル80円になったことで、Aさんは5円の儲けを得ることができました。一方、Bさんは円高が進むと考え1ドル75円の時にドルを売ってしまいました。その結果、Bさんは5円の損失となってしまいました。このAさんとBさんの投資損益を合計(サム)すると、Aさんはプラス5円、Bさんはマイナス5円で、ゼロになります。取引によって勝者が敗者から利益を奪うゲームをゼロサムゲームと呼ぶのです。