猫は散歩に連れていったほうがいいのか

猫は散歩に連れて行ったほうがいいのでしょうか。
たまに猫を散歩させている飼い主さんをみることがあります。

猫を散歩に連れて行くかどうかはケースバイケースのようです。
そもそも放し飼いにしている猫の場合はあえて散歩に連れてゆく必要はありません。
放し飼いにしているので、猫が好き勝手に外に散歩に行ってくれます。

室内飼いの猫の場合は散歩に連れて行ってもいいのではないでしょうか。
ただ、ケースバイケースです。

猫が嫌がる場合は無理に散歩に連れて行く必要はなさそうです。
無理に連れてゆくとストレスを感じてしまいますので、散歩が逆効果になる可能性があります。
散歩に抵抗なく行く猫や小さい時から散歩の習慣がある猫なら散歩に連れて行ってもいいかもしれません。

猫を外に出す際には気をつけることがあります。
外を歩くと細菌・細菌・ウィルス・ダニ・ノミなどによる感染症、植物や化学物質を触ることによって中毒になることもあります。
また、他の猫と喧嘩をして怪我をすることもあり、怪我から感染症になることもあります。
飼い猫なので、野良猫と喧嘩しても勝てる可能性は低いですよね。

猫を外に出す際にはしかっりと予防接種などの対策をしておくとよいのではないでよすか。
そうすることによって猫の寿命も伸びる可能性があります。

猫が嫌がらない場合は、猫を散歩に連れて行ったり外に出してあげたほがストレス解消にもなりますので、様子を見ながら外出させてあげるといいのではないでしょうか。

低脂肪で高タンパクのドッグフードがある