「家族葬」と「密葬」の違い

家族葬というのは、規模の小さい家族での葬儀という意味合いである葬儀社が行ったのが始まりです。
家族葬は、葬儀の「形式」や「宗教形態」を規定するというものではありません。
ですので、家族葬には明確な定義は無く、ご家族やご親族、親しい友人を中心とした少人数での葬儀の総称です。
基本的に必要なことや式の進行に関しては一般的な葬儀と同じ内容です。

家族葬は、故人を取巻く環境や背景等を考慮し、参列者を限定して、少人数の参列による葬儀なのです。
一方、「密葬」は家族葬とは違い、「社葬・お別れの会・偲ぶ会」など、
一般会葬者のための儀式をする場合や事前にご遺族・親族を中心に葬儀を執り行うこと言います。
「密葬」と一言でいっても、その規模はさまざまなものがあります。
また、密葬の際に「火葬」されるため、その後の「社葬・お別れの会・偲ぶ会」は、骨葬としてお骨の状態で行われることが多いです。

家族葬が安い費用でできる葬儀屋はコチラ