第二外国語は何語が難しいのか

第二外国語は何語が難しいのでしょうか。
フランス語、ドイツ語、中国語、ロシア語、韓国語の中でどれが難しい言語なのでしょうか。

ここで言う難しいとは、日本人が習得するのが大変な言語を見てゆきたいと思います。

フランス語は、文法が難しいです。
しかも、発音はもっと難しいです。
単語が英語と似ていますので、英語が得意な方なら文法はクリア出来るかもしれません。

ドイツ語は、発音は比較的難しくありませんが、文法が難しいです。
複数形が4通りあったりしますので、文法が厄介です。

中国語は、文法は比較的難しくありません。
漢字で書かれているから、なんとなく理解できるかもと思ったらそれは間違いです。
しかも、アクセントが4通りありますので、発音が難しいです。

ロシア語は、文法と発音が難しいです。
日頃触れることがほとんどない言語なので、尚更難しくなります。
ロシア語はキリル文字というローマ字ではない文字を使用しますので、とっても難しいです。

韓国語は、文法と発音ともに比較的簡単です。
文法は日本語と似ていますし、発音も他の言語ほど難しくはありません。
ハングルも集中して勉強すればマスターできる文字です。

このように、日本人にとって比較的簡単な言語と難しい言語があります。
もちろん、個人差がありますので、ここに書いたことはご参考になさる程度にしていただき、学んでみたい言語を習得なさってみてはいかがでしょうか。

オンライン英会話でネイティブの講師からビジネス英語のレッスンを受ける