ペットが使うスペースを工夫する

ペットが使うスペースを工夫して生み出すことが出来るのでしょうか。
とくに都市部で生活をしていると、ペットに使うスペースの確保が難しいのではないでしょうか。

ペットが専用で使うのではなく、別の用途と兼ね合わせて使用するとスペースを確保できそうです。

洗面所や洗濯機コーナーなどの水場でタオルなどを収納する棚がある場合です。
棚の一番したを利用して、ペットのトイレをしまっておけそうです。
万が一、ペットがトイレやその周りを汚してしまっても、元々水場ですから掃除も簡単にできます。
棚の一番下ってものを取り出すに腰を屈めなくてはいけませんので、ちょっと億劫な場所です。
そこを、ペット用に使ってみてはということです。

次に、同じく洗面所や洗濯機コーナーで洗濯物を干したり、ちょっとした物を置ける場所を利用します。
その場所を、ペットを洗った後で乾かす場所として利用します。
ペットは洗った直後はビチョビチョです。
その状態で、廊下などを歩かれたら、廊下を掃除しなくてはいけなくなります。
よって、体を洗ったその近くのスペースで体を乾かしてあげるのです。
ペットの体を乾かすのは、ペットを洗ってあげる時だけですから、それ以外の時は別の目的でそのスペースを利用できます。

ちょっとした工夫でスペースをねん出することが出来そうですね。
犬が飲めるサプリメントで皮膚のケアをする