病院とクリニックって何が違うのか

病院とクリニックで何が違うのでしょうか。
風邪などを患った病院に行くと医療機関が医院と名乗っていたり、クリニックと名乗っていたりします。
これらの違いについて書いてみました。

病院とクリニックや医院は大きく異なります。
クリニックや医院は病院と名乗れません。

病院とクリニックや医院との違いは、入院患者用のベットの数が異なります。

病院とはベットの数が20床以上の医療機関を指します。
ベットの数が19床以下なら病院は名乗れません。
医療機関の規模や医師や看護師の数によって違いがあるのではないようなのです。

風邪を患った時に行く、近所の医療機関は病院ではなくクリニックや医院なのですね。
そう言われてみると、クリニックや医院という名称ですね。
また、歯医者さんや眼科や耳鼻咽喉科なども病院とは名乗っていません。

ベットの数以外に以前は診療費も病院とクリニックなどでは異なっていました。
これは初診はクリニックなどの医療機関で診察を受けてもらい、もし重篤な病気の場合は病院で診察を受けるという役割分担から費用が異なっていました。
いまは法律が改正されて両者の初診の費用に違いは無くなりました。

クリニックなどで診察を受けた際に紹介状を貰って大きな病院へ行く場合があります。
これも役割分担なのですね。
同じ診察を二度受けないで済みます。
紹介状があると診察料が安くなる場合があります。
一方で紹介状が無いと紹介料が発生したり、同じ診療を再度受けなくてはいけなくなります。

このように、病院とクリニックや医院といいのはちょっとした違いがあるのですね。

津山市でインプラントの施術ができる歯科医院がある