ダウントレンドとは

FXにおいて、ダウントレンドという言葉をよく耳にすると思います。ここではダウントレンドについて解説していきたいと思います。相場が上昇しているのか、もしくは下降しているのかをを示すものとしてトレンド(波)があります。このトレンドを見極めることが重要になります。見極める方法として有効なのが、トレンドラインを見るということです。トレンドラインとは、ローソク足の動きを見ながら、各々の山や谷の頂点を線で結んだものです。このトレンドラインが右肩上がりの場合は上昇基調、右肩下がりの場合は下降基調であるということを示しています。そして、上昇基調が一時的もしくは短期的に下落することを押し目といい、同様に下降基調の一時的下落を戻りといいます。FXのトレンドは、アップトレンド、ダウントレンド、保ち合い(レンジ相場)と大きく3種に分けられます。アップトレンドは、上昇トレンドとも呼ばれ、ダウントレンドは下降トレンドとも呼ばれます。アップトレンドは、安値と安値を結んだトレンドラインが右上がりになる場合を指し、ダウントレンドとは、高値と高値を結んだ線が右下がりになる場合です。アップトレンドでは、押し目を狙って買い指値注文を入れ、山だと思ったところで売り注文を入れます。反対に、ダウントレンドでは、戻りを狙って売り指値注文を入れます。谷だと思ったところで買い注文を入れます。