身長が左右するスポーツはバスケットボール!

バスケットボールは、昨今、人気のスポーツになっています。

やはり、コミックやアニメの影響も少なくなく、1990年から連載された週刊少年ジャンプの「スラムダンク」は1億部を超える大ヒットになり、バスケットボールの競技人口を押し上げた、と言われています。その後も「あひるの空」や「黒子のバスケ」、「ロウきゅーぶ」など、バスケットボールを扱った漫画もヒットしています。
続きを読む “身長が左右するスポーツはバスケットボール!”

バドミントンの練習メニューの組み方

バドミントンの練習のメニューの組み方があります。メニューの組み方は、レバルや体力、練習時期や練習時間などによって工夫するべきですが、ひとつ気をつけてほしいのは、、実際にシャトルを打つ羽根打ちをメインに考えたのはうれしいことです。
まず、羽根打ちをする際に体も十分に動き、頭も十分に働く状態にしていくべきでしょう。体力をつける必要があるからといって、練習時間の最初にトレーニングをマックスの負荷で行なってしまうと、それだけで疲れてしまい、肝心の羽根打ちのときにさまざまなことを考えて打つことができなくなってしまいます。
私がメニューを組むときは、練習中、羽根打ちで最高のパフォーマンスを出せるように計算します。そして、ウォーミングアップのメニューはコート内をよいコンディションで動けるようにそのメニューを考えて組んでいます。体を追い込むトレーニングは、羽根打ちのあとに設定して、体力を出し切るようにすると効率のよい練習になると思います。
山田秀樹(埼玉栄高校監督)のバドミントン上達革命

筋トレのお供はプロテイン

夫から勧められて、筋トレを始め、さらにトレーニング後の30分以内にプロテインを飲むようになりました。
以前はSAVASだったのですが、今はBe Legendと言うものにはまっています。地中海レモン味が美味しいです。筋トレ後に持参のミネラルウォーターで簡単に溶けるのも良いところです。さらに良いのはコスパが最高にいいです。文句なしです。
最近はスポーツジムでの筋トレ以外に、格闘技の稽古を始めました。競技の練習もしますが、もちろん筋トレもたっぷりします。なので稽古後にもプロテインを飲むようにしています。
来月、試合にでることになったので、プロテインを減量タイプに変えました。Lカルニチンが入っているので脂肪が燃焼してくれることを願っています。
もちろんプロテインに頼りすぎないように、普段の食事も良質の食材をバランスよくします。
筋トレ+ジョギング+プロテインで、あと1か月で3キロ落として、パワーはしっかり増やすように頑張りたいと思います。それと筋トレの効率を高めるために加圧シャツがユニクロで購入可能か確かめて加圧シャツを着てトレーニングしたいと思います。

ホールのハンデと距離を理解すること

OBや池に打ち込んでしまう恐れのあるホールがあります。そんなホールでは飛距離よりも安定が大切です。クラブのチョイスを間違わない事を頭に入れましょう。簡単に言えば1打目でフェアウェイキープよりも、2打目でのフェアウェイキープを狙ってください。3打目をフェアウェイから打つことが出来たらボギーオンの可能性は高まります。90切りを目標にする人は2打目でのフェアウェイキープ率を解析することが大切です。 続きを読む “ホールのハンデと距離を理解すること”

ウォーキングとダイエット食品

ウォーキングでの有酸素運動もダイエットには効果的だと思うんですが、ダイエットを成功させるために、夜ウォーキングに励むなら、皮膚の下の脂肪は運動に取り掛かってから15~20分より長くという時間がないと消費が始まらないので、停止することなく頑張って歩きましょう。 続きを読む “ウォーキングとダイエット食品”

サーブの理論

シングルスではベースライン上のセンターマークから一歩目ほどのところからサーブを行うのが常識である。もしかしたら、あなたはサーブを打つとき、インラインの方に寄ったりして、相手を欺こう思っているかもしれないが、これは全くのの無駄である。サイドラインによって、行ければ行くほどボールの飛ぶ距離は長くなり攻撃力は弱くなり、相手レシーバーはリターンしやすくなるというわけだ。センターがサーブをするのに最良の場所であるということは、一流プレーヤーたちが一世紀の間、研究して得た結論である。それでも、バックハンドサイドにいる相手の体勢を崩させるほどのシャープな破壊力を持った正確なサーブを打ってるからである。したがって、まだまだ、自分の思うところにサーブが打てないようなクラブプレーヤーには、前に述べたようなベースラインノセンターマーク近くから打つことをすすめる。そうでないと、相手がうまくて楽にリターンされれば、こちらは、無防備の範囲が広がることになることは言うまでもない。 新井湯太加の公式サイト