乾燥肌を引き起こす要因って?

現代人には昔と比べて、乾燥肌になっている人が多いといわれています。
その一番の要因は洗いすぎといわれています。
女性はメークをすることが多いので、夜はめーくを落とすことになりますが、
必要以上に洗顔をしすぎてしまう傾向があります。
さらには知らず知らずの間にこすってしまうことで、
皮脂をとりすぎてしまったり肌にダメージを与えてしまうことによって、
乾燥肌になってしまいます。肌に痒みがでるだけでなくあかみがでてしまったり、
シミができるという副作用があります。
とくに顔の皮膚はとてもデリケートなので、コットンなどでふき取ることでも炎症ができることがあります。
洗顔のときはとにかく力を加えないということもとても大切なことです。
また男性でも、潔癖症という人が増えています。
洗顔はもちろんですが、体のあらいすぎも問題になっています。
ごしごしと体を洗いすぎると、肌の油分がなくなってしまったり肌が乾燥しすぎることで、痒みがでます。
痒いのでさらに掻くことでよけいに肌の炎症がひどくなるという悪循環になります。
ですからそうならないためにも、肌を洗いすぎないことです。
さらにはダイエットのしすぎで、必要な油分不足になっているケースもあります。
ある程度の油というのは皮脂をつくるためにも必要なことですから、
過度なダイエットをしないということも乾燥肌にならないために必要なことです。
さらには化粧品に頼りすぎることも乾燥肌を助長してしまうことになります。
また乾燥肌美容液としてアイムピンチも人気のようなので検討してみるといいですよ!